Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Aenean commodo ligula eget dolor. Aenean massa. Cum sociis Theme natoque penatibus.

Latest Posts

    Sorry, no posts matched your criteria.

  • No products in the cart.

Blog

酒井俊介

脚本家・演出家プロフィール

KEISOUを創造する脚本家と演出家の紹介です!

 


脚本: 緑 慎一郎(みどり しんいちろう)

緑慎一郎

小田原を拠点とする演劇プロデュース『螺旋階段』主宰。

全作品の作・演出を担当。数多くのオリジナル作品を発表。コメディーから

社会問題など幅広い作風。

 

神奈川県演劇連盟プロデュースによるKAAT 神奈川芸術劇場 提携公演「TAK in KAAT」では、

2013 年『踏切があがるとき』(演出:土井宏晃)、

2014 年『REMIND』(演出:笹浦暢大)、

2015 年『パンクドランカー』(演出:笹浦暢大)、

2016 年『ジレンマが嗤う』(演出:笹浦暢大)、

2017 年『螺旋と蜘蛛』(演出:笹浦暢大)、

と五年連続で脚本を担当。

 

『パンクドランカー』は2017 年、ラゾーナ川崎プラザソル開館11 周年記念公演として再演、

初演に続いて自身も役者として舞台に立つ。

現在、神奈川県演劇連盟副理事長。

 

演出: 酒井 俊介(さかい しゅんすけ)

酒井俊介

俳優・演出家・脚本家。

日々様々な現場で活動する現役のプレイヤーでありながら

演出家や劇作家としての一面を持ち合わせる。

 

自身の経験を元に『明日現場で使える感覚』を、

プロのプレイヤーはもちろん全国の専門学校や自治体にて老若男女問わず指導。

それぞれの得意と不得意に対する対処法を解き、個々人にあった演出で感情解放へと導く。

全国で講師活動をしている。

2017 年、ラゾーナ川崎プラザソル開館11 周年記念公演『パンクドランカー』に、初演に続いて自身も役者として舞台に立つ。

 

【演出 作品】
もんぴぐ企画 『alone’s』『名のない罪人~朝日の向こうへ~』、
くらっぴぐ ダンス×芝居コラボ公演 『MaNNequiN』
演劇ユニット セカンドライフ公演『シェアする女たち』
喫茶店公演『ひと息つきなよ』『耳をすませて』
素顔♪音符『ロックピース』『ロックピース2』
ネクストステージ『届けエール』『僕らは想いをここに書く』『空に憧れて』『あなたとあなたの物語』『35歳の結婚』『最高のお仕事』『雨上がりの空に』『戸倉家、雨降って地固まる』『アンドロイドとココロノスキマ』『ゴジラ』『働こうか!』
スクール公演『君の嘘』『僕たちの宝物』、『9 号線の恋』『別れようか』
他多数

 

【主な出演歴】
『パンクドランカー』
ゲキバカ『ごんべい』『独狼』
アリーエンタテイメント『汚泥河童』『CABARET ON THE SEA』
劇団PIS☆TOL『縁側で呼んでいる。』
松平健座長公演『忠臣蔵』『暴れん坊将軍』『遠山の金さん』
他多数


 

2017年の11周年記念公演『パンクドランカー』で脚本を務めた緑慎一郎、

同じく『パンクドランカー』で主演を務めた酒井俊介、

この二人が紡ぎあげる物語にご期待ください!